移転祝いに喜ばれる胡蝶蘭の贈り方

事務所や店舗の移転祝いでは、胡蝶蘭は一般的に用いられ、かつとても好評で、胡蝶蘭は「幸福が飛んでくる」という花言葉を持つことから、移転祝いには最適です。

 

移転祝いの際に、胡蝶蘭を贈るには、一般的には街の花屋さんか、インターネット上に店舗を出している胡蝶蘭のネットショップに注文し、取引先などの移転先に配送してもらいます。

 

だいたいは、移転する旨を取引先などから通達されることと思います。

 

その通達を受けて、担当者へ連絡し、移転のお祝いを伝えるとともに、はっきりとした移転日時を確認します。

 

その際に、まだ移転日時が確定できない場合などが時折ありますが、あくまで予定で良いので、移転日を確認しておくとよいでしょう。

 

担当者から聞いた移転日に合わせて、胡蝶蘭の注文をします。

 

 

 

胡蝶蘭は移転祝いとして一般的ですが、贈り方として気にかけておくべき事項がいくつかあります。

 

胡蝶蘭は比較的長持ちする植物と言われますが、一般的には移転当日もしくは前日に届くように手配するものです。

 

あまり早く届いてしまうと、移転当日には萎れてしまいみすぼらしくなってしまうことなどがありますので注意が必要です。

 

また、胡蝶蘭が移転祝いとしてよく用いられる理由のひとつとして比較的大きなサイズの生花で目立つということがあります。

 

移転先の事務所や店舗のスペースを考慮したうえで、移転祝いとして贈る胡蝶蘭のサイズを選定しないと、事務所等のスペースを潰してしまうことになるので、必ず移転先の大きさも確認しておくことが重要です。

 

また、ビジネスシーンで移転祝いとして胡蝶蘭を贈るには、立木にお祝いのメッセージを書いて添えるのが通例です。

 

参考サイト
移転祝いの胡蝶蘭の贈り方
移転祝いのマナー贈り方の説明があります。
http://kochoran-haisou.net/use/use03/

更新履歴